事故車の引き取りサービスの利用で必要な手続きをチェック

事故車の引き取りに必要な手続きや書類について知ってみる

事故車の引き取りサービスの利用で必要な手続きをチェック

車

幅広い車種に対応

事故車の引き取りサービスに関しては、国産の自動車に限らず海外メーカーの自動車にも対応しています。引き取り以外にも買取対応している場合もありますが、海外メーカーの部品の需要は高いため、良い価格で取り引きができるかもしれません。取り扱いの車種に関しては査定のときに確認しておく必要があります。また車種にも需要は変動してくるので、依頼のタイミングも考えておきたいところです。

女性

レンタカーの手配をしてくれるところもある

乗れなくなってしまった事故車の引き取りは完了したけれど、しばらくは車がない生活を強いられてしまうとなれば色々都合が悪くなってしまいます。対処の方法としてはレンタカーを利用することです。引き取り店によっては、廃車後のレンタカーの手配にも対応しているところがあり、楽にレンタカーが利用できて便利です。なお、別途利用料金が発生するため、これからの利用ペースや車種についても考えておきたいところです。

書類ごとの特徴を知ろう

既に持っている書類

廃車に必要な書類ですが、身分証明書を始め、自動車検査証、自賠責保険証、リサイクル券が挙げられます。車を取得したときに交付される書類は処分の際にも必要なので、再度手元にある書類を確認しておくことが欠かせません。

市役所などで新たに取得する書類

印鑑証明書、住民票、戸籍謄本など市役所などで交付してもらえる書類は廃車の処分のときに必要になってきます。最新の情報であることが必須であるため、新たに交付を受けられるように準備する時間を確保しておくことが必要です。

広告募集中